そうだ、クセ毛についてかこう。

こんにちは、

tetecoquetteスタイリスト、ヘアケアソムリエのフルショウです。

古庄って誰?ってかたはこちらをご覧ください。

〈さとってこんなやつ〉

↑自己紹介ブログです。

 

さて。

今回は梅雨の天敵。

クセ毛についてちょっと詳しくお話ししようと思います。

 

クセ毛ってそもそもなんなの?

なんで曲がってんの?

とか。

そんな感じではじめようと思います。

 

まず一番最初にお話ししておきたい事実。

日本人は約7割の方がクセ毛です。

 

なんとまあ。

これを聞いたとき私はとってもびっくりしました。

だって日本人ってなんか黒髪ストレートのイメージが強いし。

私自身もなんだか針金みたいなストレートだし。

(これはこれで悩みが尽きないのです。)

でもクセで困っている人(もちろん困ってない人もいます)が7割もいるなんて。

 

困っている人のためにとりあえず原因からご説明します。

 

クセ毛とは。

日本人に多いのは毛根がすでに曲がった状態で存在しているタイプ。

毛根とは髪の毛をつくるところなので、毛根が曲がって存在しているとそこから生えてくる毛も曲がって生えてきやすくなります。

曲がって生えてきた髪の毛は、たんぱく質(髪の毛の主成分)のバランスがとりづらく、水分を含みやすい部分と水分を含みづらい部分ができてしまうので空気中の水分量やドライ(ウェット)状態に左右されやすい髪の毛になってしまいます。

 

なので、ジメジメと湿度の高い今の季節はクセ毛が暴れやすい!

朝がんばってアイロンしたのに会社(学校)ついたら元通り!なんてこった!!

 

ってことになってしまうんですね。

悲しいかな、、

 

他にも外国人の方に多いクセ毛もあるのですが、今回は省略です。

 

そして、昔はさらさらストレートだったのになんだか最近うねっとしてきたな。

という心当たりのある大人女性のみなさま。

勘違いではごさいません。

髪の毛、頭皮もお肌とおなじようにエイジングしていきます。

お肌と同じようにターンオーバーのサイクルが乱れたり、コラーゲン、ヒアルロン酸などの生成量の低下により頭皮のハリが保たれなくなり、毛根や毛穴が圧迫され歪んでしまうのです。

そうすると毛穴がぎゅっと押しつぶされてしまうので、本来は正常だった毛穴もクセ毛を生やしてしまう毛穴へと変化してしまうのです。

おそろしい。。。

ただでさえ重力が日々かかってお肌も体もたるんでいくというのに、、

歳を重ねるっておそろしい、、

 

と。

クセ毛の原因って簡単にお話するとこんなかんじです。

 

今の時期は本当に過ごしづらい。

年に一回、この時期だけストレートパーマや縮毛矯正される方も多いです。

 

ただ、やっぱり強いお薬やアイロンのダメージで傷んでしまうのも事実。

(薬剤の進化により以前よりもそんなに傷まずにできてはいますが)

ダメージせずになんとかならないものか。

 

よくお客様とそんな話をします。

髪質や状態にもよりますが、シャンプーやトリートメント、ヘアケア用品をかえるだけでもだいぶ楽になることもあります!

私はまだできないのですが、うちのお店の店長はヘアリセッターなる技術をもっていて。

ヘアリセッターはお薬を使わずに根元のクセを軽減してくれる技術。

(わたしも詳しくは説明できないけど本当にすごい)

とか、縮毛矯正だけではなく解決策実はがけっこうたくさんあったりします。

 

日々のお手入れが楽になるようなヘアスタイルを提案したいなあ。

美容師ならきっみんなそんなことを考えながらお客さんにスタイルを提案していると思うんです。

わたしもそうです。

何がその人にとって楽なのか。ちょうど良いのか。

たくさん話してそのひとにいちばん良い施術を心がけたい。

 

そんなことを思った梅雨のきょうこのごろなのでした!

髪の毛はちょっとストレスですが恵の雨、、

と思って乗り切りたい!

でも雨女がすぎて友達にお払いに行けと言われました。

日程調整中、、(行く気w)

 

 

 

髪の毛のお悩み、ご相談ください~◎

 

 

 

さとでした!

instagram

@sgk3310

 

 

sato-tete.blog.houyhnhnm.jp